さとうさんちの介護な日々

サトコの不調にぐらぐらする私

 

こんばんわ。さとういもこです。

 

普段は漫画かイラストを描いてから文章を書くんですが、

今、どうしていいかわからなくてモヤモヤしているのでブログを書きます。

愚痴っぽく聞こえてしまったらごめんなさい。

 

f:id:satouimoko:20161207005002j:image 

ここ2・3日のサトコの不調

 

一週間ほど前から食欲が落ち気味で、夕飯を残すことが何度かあったサトコ。

おととい「身体がえらい(名古屋弁。「しんどい」の意)」と言い出し、

微熱があったので風邪かなあと思いながら様子を見ていました。

 

今日、熱は下がっていたけれど、念のため総合病院で検査と診察。

あちこち検査をしたけど目立った異常はなく、

熱は下がっているので「治りかけてるんじゃない?」という結論に至り

抗生剤をもらって様子を見ることになって帰宅しました。

 

入院も覚悟していたので、帰ってこられて安心したものの、

ほとんど2日間寝ていたため、すっかり足が弱くなってしまった様子のサトコ。

歯を磨くために洗面所に行くのにも、手を引いていないとあぶなっかしい。

ベッドに横になるのにも足を持ち上げるなど介助が必要でした。

 

支えを求めるサトコの手を握りながら、

在宅介護当初、部屋の移動のたびに一日中つきっきりだった頃を

思い出してしまいまいました…

 

自分の健康に無頓着?

 

サトコはもともと欲が少ない性格なのか我慢しているのかわかりませんが、

あれが欲しいとか、どこか行きたいとか、何か食べたいとかそういう欲求を

ほとんど口にしたことがありません。

 

それどころか、健康でありたいとか長生きしたいとか…何ていうか

「こうありたい!」といった願いみたいなものも

希薄だなあって感じることがあります。

 

以前、大腿骨を骨折した時や、上腕骨を骨折した時なども

リハビリにいまいち熱が入らず、やきもきしたことが一度や二度ではありません。

動かなくなっちゃうよ!と脅してハッパをかけてみてもいまいち効果がなく、

「まあそれも仕方ない」といった諦めさえ感じられるような気がしていました。

自分の運命を受け入れすぎだよーもっともがけよーと

ハタから見ている私などは思ってしまうほどです。

 

↓当時の関連記事はこちらからどうぞ

satouimoko.hatenablog.com

 

satouimoko.hatenablog.com

 

そのたびに「何とかしなきゃ!」と焦るのはサトコ自身よりも家族の方で、

マッサージしたり、ラジオ体操を日課にしたり、筋トレ運動を促したり、

本やテレビを参考にしてあれこれ勧めてみるんですが、

なかなか自主的にできるようにはなっていません。

自身の健康に対しても受け身姿勢なんだなあと、こっちが疲れてしまいます。

 

サトコには元気でいてほしい。

でもサトコ自身から

そういう欲求(およびそのための努力)が感じられない(ような気がする)

 

「馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない」

 

という言葉をいつも思い出してしまいます。

 

どうしたもんかね?

 

今回、2日間寝込んだことで足の筋力がかなり落ちてしまいました。

たった2日間のことですが、取り戻すのには時間がかかると思います。

もしかしたらそれも受け入れるつもり?という危機感が私の頭の中をぐるぐるぐるぐるしていて

何かしなければ…という思いでいっぱいなのです。

 

まだ体調も治りきってないようなので

今日は本人の好きなように寝かせていますが、

ちょっと動いたほうがしゃっきりする、ってこともあるじゃんね……

 

熱も下がっているし、顔色も良くなったし、

どこがだるいの?って寝る前に聞いたら

「腰のあたり」って答えるのでそれ寝すぎじゃね?って正直思いました!

 

まとまらないんですが、今日はそんな感じです。

明日は元気でいてくれるといいなあ。

 

 

お口直しにサブブログもどうぞ。育児絵日記などやってます。

hashiyasume.hatenablog.com