さとうさんちの介護な日々

さとうさんちの介護な日々

義母・サトコを在宅介護して4年。介護にまつわる漫画(コミックエッセイ)とイラストのブログ

同居と家事と嫁と姑(前編)

前回の記事でサトコとサトシの話を描きました。
今でこそ仲良くしていますが、以前は家業のことでよく衝突していた2人。
実はわたしも険悪ムードな時がありました。そんなお話。

↓前回はこちら

f:id:satouimoko:20150602235534j:plain

理解できないからイライラする

今だから思うことですが、
以前はわたしもサトコと仲が良かったとは言えません。
嫌い、憎い、というほどではないものの、
サトコの行動は「前例主義で無駄が多い」と感じていました。

わたしはどちらかと言うと効率よくことをすすめたいタイプ。
サトコが「どうしてそういう行動をとるのか?」理解できないことが多く、
そのたびにイラッとしていた、ような気がします。

 

わたし、こんなことでイラついてたの?

書くことは自分を見つめなおすこと、だと思っています。
意識しながら漫画を描いているんですけど…
今回は特に、過去を思い出しながらこの漫画を描いている時
「あれ、こんなことでイラついてたのかー」と
自分のキャパの狭さと子供っぽさに気づき、描くことを躊躇してしまいました。
どう見てもわたしの心が狭い感じになっちゃってるじゃないですか!

 

まとまらずに続きます

今は仲良くやってるよ。介護も良いもんだよ、っていうところに
結論を落としたかったのですが…

何年か前のこととはいえ、怒りのポイントが些細なことすぎて
自分の未熟さというか、若さを感じます。
幼いというべきか。
その若さゆえの過ち(?)に気づける程度には
大人になったのかもしれないな~と思いながら。。。

 

↓続きます。 

satouimoko.hatenablog.com

 

 

↓仲良しアピール