さとうさんちの介護な日々

さとうさんちの介護な日々

義母・サトコを在宅介護して4年。介護にまつわる漫画(コミックエッセイ)とイラストのブログ

捨てられないのはモノではなく記憶と願望

f:id:satouimoko:20150424012706j:plain

前の記事でも紹介したように
ローテーションしている服はそれほど多くないのですが、
実は衣装持ちのサトコ。
ふだん使わないタンスや衣装ケースにはたくさん服が眠っていました。
いえ、現在も絶賛死蔵中です。

satouimoko.hatenablog.com

 
外出の機会は少ないわりに、カバンも多く持っていて、
ほとんど新品のようなものもありました。
片付けのために選別しつつ、何気なく中を確認すると、
バスの時刻表や病院の予約時間を書いた手書きのメモと、
高齢者パス、ハンカチやティッシュなどの「おでかけセット」が入っていました。


まだこの時は、サトコは自分で荷物を管理して、準備して、
予定をたてて行動していたんだな〜
それはごく当たり前のことなのに、今はもうできない状況を思うと
なんともやるせなくなります。胸がしめつけられるよう。


時間も経ってしまってパスの期限も切れて、もう必要のないものなのに
特に手書きのメモは、サトコが書いている様子が思い浮かぶようで、
捨ててしまったら、この時のサトコが戻ってこないような気がして…
もう一度カバンに戻してしまいました。


介護が必要になってからちょうど2年。
今の生活に慣れてのほほんと過ごしていますが、
怪我して入院さえしていなければ……と、考えてしまうとなかなか抜け出せなくて
ああ、まだ乗り越えられていないのかもしれません。

 

satouimoko.hatenablog.com