さとうさんちの介護な日々

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとうさんちの介護な日々

義母・サトコを在宅介護して4年。介護にまつわる漫画(コミックエッセイ)とイラストのブログ

一歩外に出てみれば

f:id:satouimoko:20150305175646j:plain

外でひなたぼっこしていると、ご近所さんが話しかけてくれます。
一人で歩くことも不自由だし、髪もすっかり白くなってしまったし、
お会いした方の名前も思い出せなかったりするサトコだけど、
今までと変わらない感じで話しかけてくれるのは
ほんとにありがたいです。

実は、そんなサトコを外に出すことはちょっとためらいもありました。
なんとなく「あそこのオバサン、ボケちゃって…」みたいに
好奇の目で見られるような気がしていたのです。

外に出てみればそれは思い過ごしだったし、
家の中に閉じ込めて隠してしまおうとするよりも
積極的に地域に関わって理解してもらうほうが大事だなーって思いました。

わたしはなかなかご近所さんのお顔を把握できてないので、
「さっきのどなた?」って後からサトコに聞くんですけど
思い出せないわけじゃなくて、
ホントに知らない人が話しかけてくる時もあるらしい。
それでもなんとなくやりすごす社交性見習いたいです。