さとうさんちの介護な日々

【1歳3ヶ月】息子の漫画「カード落とし」

 

1歳3ヶ月になった息子の漫画です。

 

f:id:satouimoko:20170623092913j:image

手先が器用になってきたので、

収納も兼ねてカード落としを作りました。

といっても大きめのプラ容器のフタにスリット状の穴をあけただけ。

1分くらいで作れます。

それに乗り物や動物のカードをひたすら入れていく。

ただそれだけなんだけど、延々とやっています。それを延々と見ているわたし。

 

 

歩くのが上手になり、散歩がラクになってきました。

気になるものを見つけるとつないだ手をふりほどいて拾いに行きます。それはそれで目がはなせないんだけど。

 

最近は葉っぱがブームなんですが、拾った葉っぱをそれらしい隙間に差し込もうとして困る。引き離すと抗議して泣くし…

家の中でも閉じた襖の間とかにカードが差し込まれていて、

あのカードないなーと思ってるとふと襖を動かしたときに出てきたりします。

 

子供ってスキマ好きよね。

 

 

【義母介護】いつまでも手を振るサトコ

サトコの施設からの帰り際にこんなことがあったよとサトシから報告があったので漫画にしてみました。

 

f:id:satouimoko:20170708120828j:image

 

 

いつも食事時に面会に行くので、食事が終わって帰る頃には、歯を磨いたり、トイレに行ったり忙しくしているサトコ。この時はリビングでのんびりしている時間帯だったので、手を振って見送ってくれたそうです。その様子を想像して微笑ましい気持ちになりました。まったくサトコはかわいさのツボがわかってる。

そういえばデイサービスに出かける時も、迎えの車の中からずっと手を振っていましたっけ。私たちも手を振って見送ったなあって思い出しました。ずいぶん前のことのような気がします。

最近になってサトコの知人から聞いた話なのですが、何年か前…まだ元気な頃に
「サトシはね、いもこさんといる時はいもこさんの肩を持つけど、わたしと2人の時は結構やさしいところがあるのよ」って言っていたそうです。

サトコにとって息子はいくつになっても息子で、かわいいものなんだなって思っちゃいました。

 

しお太郎、読んだ絵本【0ヶ月〜1歳編】

息子・しお太郎は絵本が大好き。

わたし自身も絵本は好きなので、息子が3ヶ月くらいの時から

読み聞かせしてきました。

 

今まで読んだものとかメモしなければなーと思いながら
何もしてこなかったのでまとめてみたいと思います。

 

1歳以前に読んだ絵本を集めました!

 

「がたん ごとん がたん ごとん 」安西水丸

 

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

 

 5ヶ月頃、表情がはっきりしてきた頃

他の本と明らかに反応が違うので「あれ?これ好きなのかな?」って

思わせてくれた本。

哺乳瓶や果物、動物が次々と汽車に乗り込んできて、

終点である食卓につくまでのお話。

がたん ごとん がたん ごとん と繰り返される言葉が楽しく、

最後の「しゅうてんでーす」ではニッコリしてくれるのが嬉しくて

何度も何度も読んでしまいます。

 

「じゃあじゃあびりびり」まついのりこ

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

 

しお太郎が初めて自分で手にした本。

 ボードブック(本文用紙が厚紙でできている)なので、

ひとりで持たせてもぐしゃぐしゃにされず、

力加減のできない赤ちゃんにはぴったり。

 

3ヶ月頃のねんね期に、寝っ転がって一緒に見せていました。

ページをめくるごとに視界が変わるのが面白かったようで

絵本を楽しむ入り口になってくれた本だと思います

 

 

出産後すぐ「ウォンバットのうきうきくらし手帖」のアキさんに

プレゼントしていただいた本でした。ありがとうございます(*^_^*)

66g.hateblo.jp

 

「しましまぐるぐる 」柏原晃央

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ)

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ)

 

赤ちゃんの目に止まりやすいコントラストの強い絵とリズミカルな文。

私は正直「おもしろいか?」と思う絵本なので紹介する温度も低め…

3ヶ月ごろからわりと喜んで見ていました。今でも時々手に取ってる。

顔とかついてるのも好きなんだよね〜わかるわかる

よく考えて作られた絵本だと思います。

 

赤ちゃんの本にしては大きめで、紙質も固くて重いので

ちょっと扱いづらかった思い出があります。

なんとか改善してほしいぜ……

 

 

「ごぶごぶ ごぼごぼ」 駒形克己

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)

 

 6ヶ月ごろ、寝返りをマスターして腹ばいが得意になった頃、

読み聞かせするだけでなく、自分でめくろうとしたり、口に入れたり

「自分でなにかしたい!」を感じた本。

 

デザイナー駒形克己さんならではのシンプルな構成とこだわりの色づかい。

ストーリーはなく、擬音で構成されています。

じゃわじゃわ、ごぼごぼ…などの水を思わせる擬音が口に出すと楽しい。

水玉がリズミカルに画面に広がり、音楽を思わせるような絵本です。

 

うちの本は角がかじられてボロボロよ。

 

 

  「まてまてさん」おーなり由子・はたこうしろう

まてまてさん (講談社の幼児えほん)

まてまてさん (講談社の幼児えほん)

 

 

おーなり由子さんは、りぼんコミックスの頃から大好きで、

絵本など描かれるようになってからも気になる存在。

 

赤ちゃんとくつしたの「まてまてさん」の追いかけっこが

赤ちゃんの低い目線で描かれていて、はじめて読んだ8ヶ月頃から

キャッキャ!と声を出して喜んでくれました。

自分の見ている風景と似ているのかも…

 

 

 「きゅっきゅっきゅ」林明子

きゅっきゅっきゅっ―くつくつあるけのほん3 (福音館 あかちゃんの絵本)

きゅっきゅっきゅっ―くつくつあるけのほん3 (福音館 あかちゃんの絵本)

 

 

離乳食を始めてひと月くらい、7ヶ月頃に読んだ本。

赤ちゃんは、写真や映像などの赤ちゃんの姿に反応するのだけど

絵本でも人が描かれているものと、そうでないものとは反応が違う。

この本も赤ちゃんがごはんを食べている姿は刺激になるみたいで、
「凝視する」といった感じで見ていました。

 

きゅっきゅっきゅ とくりかえす言葉が、読み聞かせていても楽しい本。

 

1歳3ヶ月の現在、しお太郎はスプーンもフォークも練習中。

まだまだ手づかみ&アーンして食べさせてる時期なので、

この子はひとりでごはん食べててしゅごい!しゅごいね!って思ってしまう。

 

 「さんぽ だいすき」長新太

さんぽ だいすき (あかちゃんとよむえほん)

さんぽ だいすき (あかちゃんとよむえほん)

 

こぶたのこぶちゃんが散歩に行くおはなし。

しお太郎もこの本は好きだけど、わたしもとても好きな本!

完全に暗記していて脳内再生余裕です。でも読む。

 

主人公のこぶちゃんから「おかあさーん」と呼ばれる場面では

まだ言葉を話せない息子から「お母さん」と呼ばれる疑似体験(妄想とも言う)ができ、

いつかこうして息子と散歩に行きたいなって思わせてくれた本。

 

現在はまさに「さんぽだいすき」状態で

無言であっちに行けこっちに行けと、命令されるままにしたがう私です。

 

 

詩人・岸田衿子さんの文がやさしくて、

こんなおだやかでやさしいお母さんになれたらいいなあって。

同シリーズの「みんな にげた」もおすすめ。

 

みんな にげた (あかちゃんとよむえほん)

みんな にげた (あかちゃんとよむえほん)

 

 

 

 

「あそぼうよ」レオ=レオ二 

あそぼうよ

あそぼうよ

 

 

ボードブックを探して、絵本の専門店で購入した本。

谷川俊太郎さんの文がとてもチャーミングで大好き!

 

7ヶ月頃から読み聞かせしているのだけど、

成長して経験が増えるたびに理解も深まって

より楽しめるようになっていってるみたい。

靴も葉っぱもボールも、実物を見なければ理解にならないものねえ。

 

ちなみにこちらで購入しました。

とても親切で、プレゼントの本をえらんでくださったり、

原画展などもやっていて楽しい絵本屋さん!!

 

www.meruhenhouse.co.jp

 

 

まだまだお気に入りは増えそう

図書館で借りるたびにお気に入りの絵本が増え、

結局購入してしまうので、絵本棚もいっぱいになってきました。

 

最近では、のりもの関係の本がアツい!

また1歳以降のお気に入りも記事にしますね!

それではこのへんで〜

 

 

 

 

 

【義母介護】白髪の話 白い抜け毛はよく目立つ

 

今回は「白髪」のお話です。

サトコの髪はほぼ真っ白。肩の抜け毛が目立つんです。

 

 

f:id:satouimoko:20170622233553j:image

 

 

白髪って、冬とか濃色の服を着ていると

肩に落ちるのが目立つんですよね。

抜け毛も多いのか、あちこちに白髪が落ちているのがストレスでした。

なぜか自分の髪より多く落ちているように見える。

 

入院~施設入所でサトコが家をあけてから半年経ったわけですが、

今だに白髪が落ちていることがあります。

 

はじめのうちは、サトコの洗濯物についたものが

落ちているのだろうと思っていましたが

よく考えてみたら私にもあるわけですよ。白髪が!!

特に、横髪をかき上げると中の方に白いものがチラリ…

 

あー、これだよこれ……サトコのせいにしてゴメン!!

でも認めたくないよ〜〜と揺れる40代です。

 

 

 

【義母介護】介護施設への入所と医療費の問題

今日は久しぶりにサトコの話。
病院から施設に入所する時のお話です

認知症に効く薬とは?

昨年末の入院のおり、医師から「認知症」と診断を受けました。
とは言っても家族にしてみれば「いつものサトコ」で、
診断を受けたからといって急に変わった様子は見られなかったので
なかなか実感できないものだなと思っていました。 

 

↓その時の心情はこちらの記事で 

satouimoko.hatenablog.com

 

 

ある日、サトコのベッドの近くに薬の処方箋が置いてありました。
よく見ると、知らない名前の薬があります。その名は「ドネペジル」。

 

f:id:satouimoko:20170612235734j:image

 

知らないうちに、アルツハイマー型認知症の薬が追加されていたのです。
それを見て、ああ、サトコは本当に認知症なんだなと。
これからずっとこの薬を飲み続けないといけないのだなと思いました。

 

個人の医療費は施設が負担するのです

退院して介護老人保健施設(老健)に入所することになったサトコ。


サトコはいくつか持病があり、定期的に通院していました。
処方される薬は種類も量も多く、中には高価なものもありました。
医療保険制度によって実質1割の負担で済んでいるからこそ、
継続して使用できている状況でした。

 

ところが、老健に入所すると
1日24時間「介護保険制度」を利用することになります。
それまで知らなかったのですが、
「介護保険」と「医療保険」は同時に使えないんだそうです。

 

すなわち、老健に「入所(介護)」しながら「通院(医療)」はできないということ。
へえそうなんだ。初めて知ることばっかりだ…

 

また薬についても同様で、
施設に支給される保険料から全員の分を賄うことになるため、
例えばサトコが今までどおり高額な薬を使ってしまうと
他の人のぶんの薬代がなくなってしまう。
1人だけ高額な医療費をわりあてるわけにはいかない、ということらしいのです。

 

ということで、サトコにかかる薬代を見直すために入所前に懇談がありました。
すぐにターゲットになったのはリウマチの薬。
それまでは自己注射をしていましたが、安価な飲み薬に切り替えることになりました。

 

そして驚いたことに、認知症の薬である「ドネペジル」もその対象に。
施設職員である薬剤師さん曰く、
「サトコさん程度の認知症なら飲まなくてもよさそう。高価だし…やめましょう!」

とのこと。


f:id:satouimoko:20170609083748j:image


もうずっと飲み続けなければならないと思いこんでいたので
「高い」という理由でやめられるものなのか…とモヤっとしましたし、
「(飲んでも)飲まなくてもよい」なんて、不確かな薬なのか?
という気もしてきます。


お金と健康、どこかで天秤にかけなければならないというのはわかるんですが
それによって認知症が悪化したら本末転倒だし…施設としても悩ましいところなのかもしれません。

 

飲まなくてもよい、という判断の真意はよくわかりませんが、
薬の種類が減ったことは間違いないので、嚥下力の弱いサトコにとっては負担減になったかな…ということで納得しておきたいと思います。

 

それにしても、介護と医療って

受ける側からは近くにあるように見えるけど

制度としては分断されているのかもなーと思いました!

 

 

 

 

むすこ漫画「椅子にすわろう」「おなかにアップリケ」

Twitterにあげた漫画をまとめて。

椅子にすわろう

f:id:satouimoko:20170531012152j:image

椅子を買ったのに、なかなか自分で座ってくれなくて、

すぐによじ登ろうとするので、あぶなっかしい。

 

なんでだろうと思っていたけど、

1、近づいて座る場所をロックオン

2、座面に背を向ける

3、狙った位置に尻を下ろす

の動作を続けて行うのが難しいんだろうなと思った。

 

特に2の時に、いったん後ろを向くのが難しいみたいで

近づいてそのままよじ登ってしまい、座面の上で向きを変えている。

ちゃんと座れると嬉しそうな顔をするので根気よくつきあうのだ。

 

 

happiness キコリの小いす ナチュラル MW-KK-NA

happiness キコリの小いす ナチュラル MW-KK-NA

 

 

 

おなかにアップリケ

f:id:satouimoko:20170609084016j:image

車好きがどんどん加速していて、絵本や写真などを見ていても

めちゃくちゃ小さい車の姿を見つけては「ぶーぶ!」と言うしお太郎氏。

そんな孫におもねろうと、おばあちゃんが買ってきてくれたTシャツは

乗り物のアップリケ付きです。男児ねらいうちです!

 

ゆったりサイズのつもりだったのだけど、

大きめのサイズのしお太郎氏はおなかまわりもむっちり。

大事なアップリケの部分はみごとにお腹に収納されてしまい、

必死でひっぱり出そうとする姿はいとおかしでありました。

 

以前から思ってるんだけど、

子供服のプリントって上下逆にした方がよくない!?

自分で見たいもんねえ〜

 

 

 

そんな感じです!