さとうさんちの介護な日々

【義母介護】遺品整理ははかどらない

サトコの思い出シリーズ。

 

サトコの遺品を整理していた時のことです。

形見分けのつもりで、兄妹たちに分けられそうなものを選別していました。

 

f:id:satouimoko:20171022223534j:image

 

思い切りが大事…だけど

遺品整理…「モノと思い出は別だよ、別!」と自分に言い聞かせながら、

容赦なくゴミ袋に入れていく作業です。

とはいえ、介護状態になる前から日用品はわたしが用意していたので、

服、下着、日用品のどれをとっても「あ~あの店で買ったな」って

記憶が残っています。

 

靴下は、滑り止めがついてて、口ゴムがゆるくて…と売り場で悩みながら買ったもの。

サトコは寒がりだから下着は温かいものがいいな、と選んだものです。

そして、用意したものに対して気に入ってもらえると、

売り場で悩んだ時間が無駄じゃなかったなと嬉しい気持ちになって…

遺品整理はそういった思い出との戦いでした。

 

意外なものに思い出が

 

それでも、下着などとっておいても仕方がないので処分していくのですが、

漫画に描いた「あまり着ていないセーター」を引っ張り出してきた時、

突然たまらなくなっておいおいと泣いてしまいました。

思い出に溺れないようにと気をつけて作業していたのに……

 

そのセーターは母の日にプレゼントしたもので、

明るい黄色の春セーターで、花の刺繍がたくさん入ってて、

「綺麗な色!こんな綺麗なの着ていいの!?」と気に入って大事にしてくれて…

だからあんまり着てなかったんだよね、と思い出してしまいました。

 

よく着ていた服が家の風景と馴染んで思い出深いのはもちろんだけれど、

あまり着ていない服でも、サトコと会話したその時の思い出はわたしだけのものです。

こうやって物が思い出の鍵になるのなら、捨てられなくなってしまいそう。

 

 

それにしても…

わたしが把握していないものも含めるとホントにたくさんあるんですよ、サトコの服。

 

まだまだ戦いは続きそうです。

 

 

satouimoko.hatenablog.com

 

 

【義母介護】デイサービス、言われて戸惑う「ありがとう」

サトコの思い出を描いていこうかなシリーズ。

 

 

サトコが初めてデイサービスを利用した日のこと。

スタッフさんのあるひとことが心にひっかかりました。

 

f:id:satouimoko:20171016230710j:image

 

「ありがとうございました」…なの?

 

デイサービスのスタッフさんも、ケアマネージャーさんも、何か手続きをするたびに「ありがとうございました」と言っていた記憶があります。はじめて言われた時は「お店みたいだな?」と少し違和感がありました。

 

もちろん介護サービスの利用には料金がかかります。「ありがとうございました」の言葉には「ご利用いただきありがとうございます」「当サービスを選んでいただきありがとうございます」が含まれているのだろうけれど、サービスの提供者と利用者ではあっても「お客さん」になったつもりはなかったので戸惑いました。

 

利用者≠お客さん

 

以前、公共施設で働いていた時に「利用者はお客さんではないのだから『ありがとうございます』は必要ない。むしろNG」と先輩から教えられたことがありました。

 

それまで、接客業でのバイト経験しかなかった私は「ありがとうございました」と言うのがクセになっていて、それを直すのにかなり意識したのを覚えています。反射的に出る「ありがとうございました」が使えないとなると、去り際に何を言ったらいいのかわからなくなる…

 

あえて言わない世界もあるんだなと知り、それ以来、自分がありがとうを言う立場か否か、その言葉を使うことで相手との関係がどう変わるのかを吟味するようになりました。

 

お金を払っていればサービスを受けて当然??

 

介護サービスが充実して、利用者の側が「選べる」状況だからこそ出てくるであろう「ご利用ありがとうございます」の言葉。

 

利用者からしてみたら、家族ではできないことをしてくれてめっちゃ助かってるのだから「預かってくれてありがとう!助かる!」っていつも思っていました。

そこに料金が発生しているからといって、サービスを受けて当然といった姿勢にはなりたくないな、と思いながらスタッフさんとは接していたつもりです。

 

Twitterで介護関係の方をフォローしていると利用者や家族とのトラブルが少なからず目に入るので…

こうして感謝してる利用者家族もいるよってことです。

 

 

 

 

↓【過去記事】こんなこともありましたね… 

satouimoko.hatenablog.com

 

 

ご報告

こんにちは。さとういもこです。

 

いつも当ブログ「さとうさんちの介護な日々」をご覧いただきありがとうございます。

 

今日はみなさまにご報告があります。

 

8月某日、義母サトコが他界しました。

葬儀後ひととおりの行事もすませるまでは公表をひかえようと思っていたので
ご報告が遅くなってしまいました。

 

昨年12月より体調を崩して入院、3月から介護施設へ入所して
サトコが家にいない生活が半年以上続いていました。

その生活にも慣れ、覚悟もできていたつもりでしたが、

いざもう会えないのだと思うと家の中も外出先でも思い出ばかりで、

ふとした瞬間に寂しさがこみあげてきてしまいます。

 

サトコが亡くなってから、自分のブログの記事を読み返してみて

記事にしたことすら忘れていることもけっこうあって。

このブログで「わたしの目を通したサトコ」が残せたのは

よかったことだなあと改めて思ったりしました。

 

 

 

サトコが亡くなったことで、さとう家の「介護な日々」はひと段落したわけですが、

介護の記事は残しますし、しばらくブログ名はそのままでいこうと思っています。

どこかにまとめたいな、という気持ちもありつつ……まあそのうちね。

 

 

今後も「さとうさんちの介護な日々」をよろしくお願いいたします!

 

f:id:satouimoko:20171011010318j:image

 

【1歳5、6ヶ月】秋のしお太郎

Instagramから。

もう10月もなかばに入ろうとしていますが…

9月のしお太郎の様子です。1歳5〜6ヶ月。

 

絵日記イラスト 3つ

 

https://www.instagram.com/p/BYnudlVlTXK/

 

サトコの使っていた踏み台をテーブル代わりにしています。

積木を並べたり、お絵かきしたり、時には椅子になったり。

台の前に正座して積木でカンカン!と打つ姿が講談師のようでした。

上方落語でもいいのよ

 

電車にハマりつつあるしお太郎。

長方形のモノは何でも電車に見えるらしい。

郵便番号の枠も電車に見えるらしい。すごい見立て力だな!と感心する。

 

体の部分の名称がだいぶわかるようになってきて

お鼻は?とか頭は?と聞くと手をあてて教えてくれます。

鼻の…あれ?これ?なに指が入るじゃん…?って見つけちゃった鼻の穴。(やめて)

 

「抱っこしてほしい時は『だっこ』って言ってね」って言いふくめていて、

言えたら盛大に褒めていたんですけど

そのうち「ダッコ、ナイナイ」って言うようになった。

「ナイナイ」は何?

 

 

https://www.instagram.com/p/BYr5WELFZBc/

 

 お布団大好きしお太郎。

夜、布団を敷く時は毎晩大はしゃぎです。なんで?やっと寝れるから?

布団を持ってダイブ!するのが流行った時があって

加減がないので怪我しないかとヒヤヒヤしていた。

両手で自分より大きなものを持てるのすごくないですか!!(感慨)

 

 

https://www.instagram.com/p/BZNcYQAlXUi/

 

「チッチャイ!(小さい)」がわかるようになったらしい。

「大きい」はわかってるっぽいけどまだ言えない。

 

6ヶ月の赤ちゃんに向かって「ハイハイはこうやってやるんだぜ」的な

ドヤリングをするしお太郎氏

 

「ドコダー」って言いながらおもちゃを探していてかわいい。

言い方にちょっとドスが効いていて脅迫めいている。

 

児童館などでよく遊んでいるので、レールのおもちゃを買ったんですが、

畳のヘリを線路に見立ててがたんごとん…ってやってる。

それでよかったんかい〜〜と脱力の母。

 

写真スケッチ

 

https://www.instagram.com/p/BYhz_naF_wm/

 

写真を見ながら描いたもの。

台所の規制(ベビーゲート)緩和の影響で、食材の棚に手が届くようになり、

ベビーフードやストックの食材を点検してるしお太郎。

危ないものもないからいいか〜と、好きにさせてるけど

よくまあ飽きもせず何度も何度もひっくり返していることよ。

もう、ぞんぶんに好きにしたまえ!!

 

まとめ

行動範囲が広がり、活発になってきました。

涼しくなって部屋を開け放しているので、

台所とか寝室とか自由に行き来していて

目をはなすと「どこにいるの!?」ということもしばしば。

 

発語もどんどん増え、彼の要求がわかるようになってきたので

食事がラクになった。食べたいものとか言ってくれるから。

ものの名前だけでなく、大小の概念とかもわかるのすごい。

どこで覚えるんだろう……

 

 

 

【1歳5ヶ月】日記とスケッチいろいろ

インスタまとめで、しかもあげわすれてたエントリ。

寝かせすぎてしまった

 

赤と青

 

https://www.instagram.com/p/BX_jHoUlyr9/

 

何かを指差してアカー!とかアオーとか言うブーム。

もう色がわかるのすごいね!と言われますが、わかって言ってるのではなく当てずっぽうです。たぶん。

早々に卒乳しちゃったので、おっぱいには目もくれない彼なのですが、お風呂に入った時にわたしのぱいを左右指差して、アカーとかアオーと言う。赤はともかく青はマズくない?かーちゃんのちくびそんな色じゃないよ!?

 

いやしのこうかはばつぐんだ

 

https://www.instagram.com/p/BYI6VgjlqvQ/

 

なでなでして?っておねだりすると頭をなでてくれるようになりました。かわいさがやばい。かわいすぎて語彙がゴミになる

癒しのこうかはばつぐんだが、多用・強要しないようにしたい。

 

お昼寝リアルタイムスケッチ

 

起きないかとびくびくしながら描いたやつ

 

https://www.instagram.com/p/BYKbOxyFOqU/

 

https://www.instagram.com/p/BYKeuOfln7c/

 

https://www.instagram.com/p/BYcd5XBlg3u/

 

描いてうpしてから起きる、空気の読める息子

 

 

 

 

【義母介護】足が床にくっつくサトコ

義母サトコを在宅介護している時の話です。

 

歩きにくさの原因

加齢と怪我の影響で、足の力が弱くなってしまったサトコ。こんなことで?ということが歩きにくさの原因になるみたいなのです。

 

f:id:satouimoko:20170903002645j:image

 

すり足はキケンですよ

 

大腿骨頸部を骨折した後、足の力がかなり弱くなってしまいました。室内でも杖をついてすり足で歩いています。姿勢も悪くなり、ヒザは曲がり背中も丸く…どこからどう見ても「おばあちゃん」って感じです。

 

そもそも、すり足になってしまうのは足を持ち上げる筋肉が弱いからですが、すり足で歩くと「つまづき」の原因にもなって危ないんですよね。バリアフリーの家じゃないので、敷居もありますし、バリアフリーにしていても、室内の座布団につまづいて転倒…なんてよくある話です。

 

足がくっつくってどゆこと?

 

サトコは寒がりで、室内ではいつも靴下を履いています。でもこの時は風呂上がりだったので裸足のままでした。風呂から部屋に戻る時、足もとがおぼつかないのに気づいて声をかけると「床に足がくっつく」とのこと。風呂上がりで湿った足の裏にフローリングの床が張り付いて歩きにくいということらしいのです。

 

確かに風呂上がりは足がしっとりしますが、足が持ち上がらないほど抵抗を感じるなんて、普通では考えられません。ベタベタ粘着質の床を歩くイメージ…?

それほど足の力が弱ってるんだなーと思わされた発言でした。

 

そりゃ、すり足にもなるよね~ 

 

習慣づけるのが難しいんです

 

リハビリの先生から、「背中を伸ばす、アゴをひいて前を見る、腕を振って歩く」ようにとさんざん言われていたサトコだけど、習慣づけるのはなかなか難しかったようです。

 

普段の運動習慣もなく、これまでの人生でも運動経験がほとんどないサトコ(もちろん苦手)。本を見てストレッチや筋トレなどをしたら?と勧めるものの、的を得た動きができず、やらせる方もなかなかつらいものがありました。

 

わたしも普段運動しないし、姿勢も悪いのでぜーんぜんサトコのこと言えないのですが、今からでもストレッチや運動をして老後に備えないとなあ…なんて思っています。

 

まだまだ先の話?いいえ、習慣をつけるのは時間がかかりますよう〜〜

 

 

転倒予防の簡単筋トレ 脚を鍛えて若返る! (別冊NHKきょうの健康)

転倒予防の簡単筋トレ 脚を鍛えて若返る! (別冊NHKきょうの健康)